もう旅行から1ヶ月がたとうとしています。。。

エチオピアは、雨がピタリと降らなくなり乾季に突入。
温かい日が続いています。(舗装していない道も多いので、土ぼこりもすごいよ!)

さて、ナミビア旅行記の続きです。

10月15日(日)

リビング・デザート・ツアーに参加して、
砂漠に住む生き物を見つけに行きました。

スワコプムントは、初夏の気候。
でも、朝8時頃は雲と風があって想像以上に寒かった。



e0374920_16571885.jpg

<空は雲で覆われ寒かった朝8時すぎ>


寒すぎて、ちゃんと話をきく余裕もなかったです。
砂漠=暑いという印象しかないもので、こんな気候だとは…。

ここの砂漠は海岸沿いにあり
海からの空気と砂漠からの空気がぶつかって、双方に温度差があると雲ができやすいのだとか。

でも、だんだんと日が照ってきて
10時頃には風がおさまり上着が必要なくなりました。


e0374920_16590692.jpg


<だんだんと青空が見えてきた頃>


小型バスに乗って砂漠の中を走り、
カメレオン、ヘビ、トカゲなどを見ました。



e0374920_17094561.jpg

<カメレオン>



e0374920_17193949.jpg

<手のひらサイズのヘビ>



e0374920_17172574.jpg

<ガイドさんの手にしがみつくトカゲ>


ガイドさんは、砂漠のちょっとした変化(穴が開いているとか)から生き物を見つけていました。

子どもたちは砂丘に登るのが楽しかったみたいです。
私は、カメラやらいろんなものをリュックに入れて背負っていたせいか
砂丘を上るのに一苦労でした。

帰ってきたら、服(ポケットの中など)、靴の中、カバンの中が砂まみれ。
なお、夫のスマホは、画面にカバーをしていないので小さな傷がついてしまったようです。。。


かなり地域・季節限定ですが、砂漠への持ち物リストを備忘録までにまとめました。

<砂漠への持ち物リスト:10月頃のナミブ砂漠(スワコプムント)編>
・アウトドア用のウインドブレーカー(風よけが必要)
・帽子/サングラス/日焼け止め(日差しが強烈)
・スカーフ/ネックウォーマーなど首に巻けるもの(寒いときに首に巻くと防寒になる/風で砂を吸い込むのも防げる)
・飲み物
・トレッキング用の靴(スニーカーでもOKだけど、足首までの靴の方が砂が入りにくい)
・思い出用に砂を持ち帰る密閉袋(お好みで)





[PR]
# by miemat21 | 2017-11-14 17:32 | 2017年ナミビア旅行 | Comments(2)
10月14日(土)

今日はウィントフックからスワコプムントへの移動日。
ナミビアの旅行期間中はほとんどスワコプムントに滞在します。

****
ナミビアの首都ウィントフックは、
内陸にあるきれいな街で、車の渋滞はなく、道を歩いている人はまばらでした。



e0374920_20525792.jpg



190ヶ国を対象にした世界の人口密度ランキング(2016年)では
ナミビアは189位(モンゴルが一番人口密度が低くて190位)になっているようで、人が少ないのもうなづけます。

ちなみに、世界一貧富の差がはげしい国はナミビアのようです。



e0374920_20541983.jpg


ウィントフックからスワコプムントまでは、大型バスで移動しました。

休憩をはさみながら5時間ちょっとの移動でしたが、道もよく整備されていて快適。
車に酔いやすい子どもたちがバス移動に耐えられるのか心配でしたが、杞憂に終わりました。


e0374920_20563611.jpg



スワコプムントは大西洋に面した観光地。
道は広くて、空気はきれいで、街にはヨーロッパにあるような建物が並んでいました。
ドイツの植民地だった影響なのでしょうか。
ドイツ人はじめヨーロッパからたくさんの人がバカンスに訪れているようでした。



e0374920_21005417.jpg


スワコプムントのバス停から宿泊先までは徒歩5分程度で歩いて行ける距離でしたが、
ホストが迎えに来てくれました。
そして、宿に到着してツアーの申し込みをした後、
市内のレストラン、海岸などを車で案内してくれ、スーパーへ買い物にも連れて行ってくれました。

本当にいいホストで、旅の期間中とてもお世話になり
スワコプムント滞在が忘れがたいとてもいい思い出になったのは彼のホスピタリティによるところが大きいです!


e0374920_21024127.jpg

おすすめ宿「Eazy Sleep Accommodation」

明日からは、砂漠を堪能します!





[PR]
# by miemat21 | 2017-10-26 21:10 | 2017年ナミビア旅行 | Comments(0)

アジスは晴天なり

ナミビアからアジスアベバに戻りました。

アジスは晴れ、からっとしてさわやかな天気で、すがすがしいです。


e0374920_21303455.jpg


アジスアベバは、1年のうちのほとんどの期間が日本の春・秋頃の気候で
暑くもなく寒くもなく過ごしやすくて天候によるストレスはほとんどありません。
そこは、お気に入りポイント(^^♪

だから、エチオピアの首都がここアジスアベバになったようです。

さて、ナミビアで訪れたスワコプムントはとてもリラックスできて、
泊った宿のオーナーがとてもいい方だったこともあって
すでに「また行きたい!!」と思っています。


e0374920_21364939.jpg


これからゆっくり旅の詳細を書いていきたいと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ


[PR]
# by miemat21 | 2017-10-21 21:42 | 暮らし | Comments(0)
10月13日(金)

10月16日から子どもたちの学校が1週間の秋休みに入るので
ナミビアへやってきました。

ナミビアは、
ナミブ砂漠を見てみたくて
10年以上前にザンビアに住んでいた頃から行きたかった国。

南アフリカ系のスーパーがあり、
首都のウイントフック、観光地のスワコプムントは発展しているときいていますが
どんなところなのか…、楽しみです。

私の住んでいるアジスアベバはアフリカのハブ空港なので
ヨーロッパ、中東、アフリカなどへの旅行には便利。
約5時間程でウイントフックの空港に到着しました(直行便)。
(アジスアベバとの時差は+1時間、日本との時差は+7時間)



e0374920_01482762.jpg

<ウイントフック・ホセア・クタコ国際空港>


空港で周りを見回すと、ほとんど白人の方々で
観光客が多く訪れる国なんだなぁ~と思いました。

空港からウイントフックへ向かう車からの景色が
どこまでもまっすぐに続きそうな広く乾いた大地、青い空…
「これぞ!アフリカ」という景色で、テンションが上がります。



e0374920_01495723.jpg


アジスアベバは、街のすぐ近くに空港があって便利な反面
私がイメージするアフリカ(ひろーい大地)とはちょっと違っているのです。

私もアフリカに住んでいますが、
「アフリカにきたー!」という気分になりました。





[PR]
# by miemat21 | 2017-10-19 01:53 | 2017年ナミビア旅行 | Comments(0)
先月、メルカート(Merkato)市場へ行ってみました。

メルカート市場は、アジスアベバにある東アフリカ最大とも言われる大きな市場です。



e0374920_14082573.jpg

<Merkato>


エチオピア国内で入手できるものはすべてここに集まるらしく
物、人、車がたくさん、ときどき物を運ぶロバも見ました。

それだけにスリも多いときいていたので、
お友だちとドライバーさん2人と一緒に散策。



e0374920_14191891.jpg



<adidosって…なんだ?>



e0374920_14243590.jpg



9月はまだ雨季で、帰り際に雨が降り出しました。

たしかにいろんな物が売っていて、お店をのぞきながら歩くのはとても楽しかったです♪

ショッピングでは、布とジンマ(木製製品の産地)で作られた木製の入れ物、小さなかごを買いました。
木製の入れ物は、北欧雑貨っぽくないですか?



e0374920_14371840.jpg


エチオピアでは家具の価格が日本に比べてとーってもとーっても高いので、
私は、ニトリの棚をこちらまで持ってきました(^_-)-☆

そして、2つ並べた棚に、こちらで買った木の板に色をつけたものをのせてみました。
(この板も日本人の相場観からすると高かった。木材の値段がとても高いです。)

今回買った青い布で前面を隠して、ようやくプチDIYが完成!
(布には緑、黄色、赤のエチオピア国旗カラーがついています。)






[PR]
# by miemat21 | 2017-10-12 14:52 | おでかけ・外食 | Comments(2)

エチオピアでの主婦生活、そこから得られた気づきについての日々ログです。


by Fine